岐阜県

下屋リビングの 腰板壁の家

2,500〜3,000万円台

この家を建てた会社
有限会社早川工務店

▼キーワード

施工のポイント

周囲に住宅が少なく、日照や通風に恵まれる反面、周りからの視線が木になる立地です。そのため、2階建て部分を道路と直角置いて隣地からの視線を遮り、リビングは道路と平行に配して、庭に対して大きく開放しました。道路面に3台分の駐車スペースと屋根付き駐輪場を造り、玄関まで雨に濡れないアプローチを計画。横板塀の仕切りが、1階部分を桧板張りにした建物外壁とともに、柔らかな表情を見せています。

「みんなで集まる広々としたリビング」にする為、下屋にリビング・ダイニングを収めて伸びやかな勾配天井にしました。キッチンとの一体感も強く、スタディコーナーやライブラリーも家族の居場所になります。

また、子供部屋の前には1間幅の空間があり、半分は廊下、半分は吹き抜けです。ここは午後の日当たりが良く、室内物干場としても重宝な上、1階に落ちる光が天窓のような効果をもたらします。

類似の施工例

▼この家をSNSでシェアする

twitter